保険に加入していることの大切さ!
















みなさんは保険に加入していますか?


私はもちろん保険に加入しています。


せっかく禁煙をして健康を手に入れようとしているのですから、ついでに保険のことについて真剣に考えてみてはいかがでしょうか?


なぜ私が禁煙サイトで保険の重要さを語るのかといいますと、実は禁煙することによって保険が安くなる保険があるのです


これって結構知らない人が多いと思います。


また、私これでも25歳以降に入院歴3回ありまして、そのたびに保険に加入をしていてものすごく助かったからです。


私はずっと健康体で入院や手術とかなんて当分先だろうし関係ないかなとか思っていたのですが、事故とは本当に突然やってくるものですね・・・・・


野球の試合で全治3か月という骨折をしてしまいまして、5時間の手術と1か月の入院というあまりにも突然に病人生活という退屈な日々を送ることになってしまいました。


医者に全治3か月で手術をしないと100%治らないし、最低1か月は入院だねと言われた時は骨折の痛みなど吹き飛ぶほど頭の中は真っ白になり、全快まで3か月もかかるのかという思いと、1か月間の入院費用をどうしようという思いが交錯したのを今でもハッキリと覚えています。


入院でかかったお金はざっと挙げると、食費、ベット代、点滴代、手術代、レントゲン代等全部で34万円かかりました。


さらに、退院した後の通院代としてリハビリ代や診察代などを合わせると約40万円という費用がかかりました。


この怪我の時、私は野球の試合が公式戦であった為に強制的に入らされた野球保険と、たまたま加入していた郵便局の簡易保険だけで、40万円という入院費用の保険金がキャッシュバックされ、この時は本当に保険というもののありがたみを知ったわけです。


そして、この入院から1年後骨折時に埋め込んだボルト除去の為に再び手術&入院。


この時はすぐ退院できたのですが、その1年後に内科の病気を発症し約2週間の入院と手術をうけました。


その時にかかった費用は約15万円程なんですが、全治3か月の骨折の時に学んだ経験で自分の保険を見直し、自分に合った最適な保険に加入しといた為に結構な額がキャッシュバックされてきました。


このように、保険に入っておけば突然の病気や怪我で多額の出費が・・・・といった心配もなくなりますので、入院中も安心して治療に専念できました。


将来に不安がある・・・・・と悩んでいる方は絶対に加入をお勧めします



本当に事故や病気っていつ起こるかわからないものですからね・・・・・・


ちなみに、私のこの入院&手術が引き金で家族の保険も見直すことになり、家族の保険を見直した結果幸か不幸かわからないのですが、祖母が脳梗塞で入院したり、父が出血性の胃潰瘍で長期入院したのですが、多額の出費を免れる結果となりました。


病気にならないことが一番なのですが、どうしても人間には病気や突然の事故が付き物です。


その時にどうしても治療費というものが発生してしまいます。


そういった不測の事態が起きた時にも保険に入っておけば少なくても高額の出費にも対応できます


禁煙すれば健康になるから大丈夫だよとか、今まで入院したこともないし、医者にかかったこともないから大丈夫だよと楽観的に思っているのは一番恐ろしい事です。


怪我や病気というものは突然やってくるものですし、その時に保険に入っておけばよかったと後悔してもそれは後の祭りです。


せっかく禁煙をするのなら、禁煙でお得になる保険のプランを見直してみてはいかがでしょうか?







[↑一番上へ]


サイトマップ


禁煙塾TOPへ



全国にある禁煙ルームのある
ホテル・旅館・ペンション紹介


Copyright (C) 2005-2010 禁煙塾 All Rights Reserved
http://kinensidou.com/