禁煙による体調の変化















禁煙をしたことによって体調の変化はすぐ現れました。


それはやはり肺に対してのダメージがかなり軽くなったということです。


例えばですね、階段を上ることは喫煙者にとっては苦痛の行為であると思います。


1階から4階くらいまでの階段になると4階まで上りきった時点で息切れが激しく、ある意味上りきったという達成感はあるんですが・・・・・


喫煙者の方はわかると思いますが、階段や走る=激しい息切れという図式ができちゃいますよね・・・


では、禁煙してからはどうなったのか?


まぁ大方のみなさんの予想どおり息切れは多少するとしても、かなり違いますね。


やはり煙を吸っていないだけでこんなにも違うのか?というくらい違います。


あとはタバコの臭いにものすごく敏感になります。


他人の吸っているタバコの煙がものすごく臭いと思うようになり、喫煙者と会話しているときに、喫煙者の口からタバコの匂いさえ嗅ぎ取れるという荒業さえ習得できます。


あまり習得したくない技ですけどね(笑)


そうとうタバコやタバコの煙に敏感になるという変化がおきますね・・・・・


前までは自分が他人にそういうことをしていたのかと思うと・・・・


ゾッとします。


さらに体調変化が起きたといったら味覚が変わったということでしょう。


ものすごくご飯がおいしくなりました。


と同時にご飯の時間が待ち遠しくなり、小学生の時の給食の時間が待ち遠しかった時の頃を思い出させてくれます。


まぁそれはおおげさですが、体重増加編でも書きましたが、あきらかに言える事は味覚が変化してご飯がおいしくなり体重が・・・


禁煙によってすぐに体調が変わったのはとりあえずこんなことでしょうか。


もっと長期間すればもっと違った形の症状が現れるかもしれませんね。


でも、これだけでもすごく体にいいことだということがわかりますよね。


ぜひみなさんにも禁煙をしてもらいたいと思っています。







[←禁煙による体重の変化] [↑一番上へ] [禁煙による体重の変化2→]


サイトマップ


禁煙塾TOPへ



全国にある禁煙ルームのある
ホテル・旅館・ペンション紹介


Copyright (C) 2005-2010 禁煙塾 All Rights Reserved
http://kinensidou.com/