禁煙のおもしろい話し

















世の中、色んな愛の形があるものです。


恋するブラや天使のブラでおなじみのトリンプ・インターナショナル・ジャパンが、ある一つの愛の形を提案しました。


2002年、世界的な禁煙運動の高まりを受け、トリンプでは禁煙奨励制度を導入しました。


この制度は人事部へ正式な手続きを踏み、禁煙を宣言した社員の家族には、3万円の報奨金が支給されるというもの。


「あら、素敵な愛の形じゃない」なんて思った喫煙者のみなさん、ここからが本当の愛なのです。


この制度の一番の特徴はなんと言っても「愛の密告」という制度。


社内・外にかかわらず、禁煙宣言者の喫煙現場を見かけた他の社員が、人事部に「愛の密告」をした場合も、「同僚社員の健康管理に貢献した」との評価により、協力金1万円が支給されるのです。


まさに、愛のムチとはこのこと。しかも1万円もらえるなんて・・・。


「愛の密告」を取り入れた経緯をトリンプの方に聞いてみたところ、「どうせやるのであれば、ゲーム感覚でやりましょうというオープンでユニークな社風によります」とのこと。


禁煙に挫折してしまった社員には厳しいペナルティーも。


禁煙宣言時に支給された、報奨金の倍額にあたる6万円までを、自主的に返納しなければなりません。


こりゃあ、タバコなんか吸えませんな。喫煙者にとってはとても厳しい制度ですね。


こんなに厳しい禁煙奨励制度、喫煙者の反応はよくなかったのでは?


「いずれはやめようと思っていたので、いいきっかけになったという声が多かったです」というお答えが返ってきました。


誰しも禁煙を一度は考えるはず、それでお金ももらえるんだから、いいきっかけになるのかもしれませんね。


この制度が導入されてから、「愛の密告」を受けた人も、挫折してしまった人もおらず。


全員が禁煙を続けているトリンプ、喫煙社員ゼロの会社になりました。


それに加えて、導入時の2002年は売り上げ目標をしっかり達成し、その後、業績も好調なんだとか。


確かに厳しい禁煙だけど、見返りである報奨金は喫煙者にとっても魅力的なもの。


まさにアメとムチをうまく使い分けたユニークな制度ですね。(文/verb)より引用



とまあこんなことが紹介されていました。私はこの会社が当時この制度をやっていたのをテレビで見ました。


当時の私はああこの会社の社員かわいそうだなと、完全に人事のように見ていました。


しかしこの制度、よくよく考えるとすごいことです。


だって喫煙者ゼロの会社になったんですもの。


かなりありえないくらいすごいですね。やっぱりみんなが禁煙したら俺も俺もみたいになるんでしょうね。


ということは禁煙をするのに大切なことは環境も大事だということになりますね。


私もこの会社にいたらもっと早くに禁煙をやっていたのかな〜って思いました。







[←禁煙のデメリット] [↑一番上へ]


サイトマップ


禁煙塾TOPへ



全国にある禁煙ルームのある
ホテル・旅館・ペンション紹介


Copyright (C) 2005-2010 禁煙塾 All Rights Reserved
http://kinensidou.com/