タバコの成分













ニコチン

喫煙を習慣づける依存形成の元。さらに交感神経を刺激する作用があるために、末梢神経が収縮して血流が少なくなります。その結果、血圧が上昇したり、脈拍が早くなって、心臓に負担をかけ、血管の老化を促進させます。また手、足の冷えなども起こしたりします。



タール

4000種類以上の化学物質からできており、その中には数10種類の発ガン物質が含まれています。また、がんの発生を促す発ガン促進物質や、発生を助ける発ガン補助物質も含んでいます。このタールは非常に肺に残ってしまい、完全になくなるまでかなりたくさんな時間がかかります。



一酸化炭素

本来、赤血球中の血色素は、酸素と結びつくのだが、一酸化炭素は酸素より200倍ものつよい力で血色素と結びついてしまうため、体内は軽い酸欠状態になる。このため、たんに酸素の運搬が妨げられるだけでなく、動脈硬化や心臓病の発生を促進すると考えられます。心臓に負担をかけるのがこの一酸化炭素です。


以上山口大学(保健管理センター)より抜粋させていただいております。


なお、山口大学(保健管理センター)のリンクはこちらとなっております。







[↑一番上へ] [副流煙→]


サイトマップ


禁煙塾TOPへ



全国にある禁煙ルームのある
ホテル・旅館・ペンション紹介


Copyright (C) 2005-2007 禁煙塾 All Rights Reserved
http://kinensidou.com/